リビング・ニーズ特約(りびんぐ・にーずとくやく)

生命保険用語であり特約の一つである「リビング・ニーズ特約」とは、どの様な意味があるのでしょうか? ”特約”の意味は基本的には”補償”と近いものがあり、”特別な補償”といったニュアンスがあると思われます。そこから、場合によっては英語「オプション」を使う保険会社もあるほどです。では、肝心の「リビング・ニーズ特約」にはどのような意味があるのか調べてみました。

リビング・ニーズ特約の意味とは

”特約”の言葉としての意味は「特別な条件を追加した約束」で、生命保険用語では主契約に付加するもので保障内容を充実させる契約となります。その特約の一つが「リビング・ニーズ特約」で、被保険者の余命が6ヶ月以内と診断されると、生存中に死亡保険金の一部や全額を受け取れるというものです。特徴は保険商品にもよりますが、基本的にはこの特約は無料で、最大保険金額は3000万円で非課税、被保険者以外の受取人でも請求できるなどがあります。注意点は被保険者以外が受け取ると相続税が発生し、当然ながら医師の診断書など書類が必要となります。

リビング・ニーズ特約の種類

「リビング・ニーズ特約」は生命保険の特約の一つであり、種類は一つのみです。類似の特約としては、他にも「入院特約」「手術保障特約」「退院給付特約」など保険商品によって様々なものがあります。また、火災保険の場合は「新価保険特約」「価額協定保険特約」などがあります。

リビング・ニーズ特約の文章・例文

例文1.リビング・ニーズ特約は保険料無料で、余命半年で保険金が受け取れる。
例文2.リビング・ニーズ特約のデメリットは、被保険者に余命が分かってしまう恐れがある事だ。
例文3.生命保険に加入していた叔父は、リビング・ニーズ特約で最後に受け取った保険金を散財と豪遊をして最後を迎えた。
例文4.生前給付金は非課税になるのがリビング・ニーズ特約だが、相続税は別途で掛かるのは受取人は注意すべき。
例文5.リビング・ニーズ特約を最後の医療費などに使うケースが多い。
「リビング・ニーズ特約」をより詳しく解説した例文となります。

リビング・ニーズ特約の会話例

  • 質問者アイコン

    職場の噂で生命保険に加入したって、聞きましたよ。

  • 回答者アイコン

    そうなの。私も30代に突入したから、そろそろ真剣に色々考えないとね。

  • 質問者アイコン

    ところで、特約を付けました?

  • 回答者アイコン

    特約って料金がさらに掛かる感じだったけど、余命半年で保険金が受け取れるリビング・ニーズ特約は無料なんだって。だから、それは入ったよ。

職場同僚の男女が、生命保険の「リビング・ニーズ特約」に入ったという談笑を繰り広げています。

リビング・ニーズ特約の利用事例

死亡保険金5000万円の生命保険に加入していた場合は、「リビング・ニーズ特約」で最大3000万円を被保険者が生前給付金として受け取れる。本人は非課税だが、残額2000万円を受取人である家族が受け取ると相続税が発生する。

リビング・ニーズ特約の関連保険

「リビング・ニーズ特約」の関連保険には、「医療保険」「生命保険」「ガン保険」などが挙げられます。

リビング・ニーズ特約の関連用語

「リビング・ニーズ特約」の関連用語には、「定期保険特約」「災害割増特約」「死亡保険金」などが挙げられます。

リビング・ニーズ特約まとめ

被保険者の余命が半年以内と診断されれば、死亡保険金の一部や全額を生前に受け取れるのが「リビング・ニーズ特約」です。この特約は基本的に無料で、最大3000万円まで被保険者や受取人が受け取れます。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事を読んでいる人に人気の記事